海外でクレジットカード

海外ではクレジットカードを使う方が良いとはまだ意識が薄いようです。日本にいると現金払もカード払も支払う金額に差はありません。この感覚があるのです。実は、これは国内に限った話なのです。海外では旅行中に日本円で支払を出きる事は殆どあり得ません。大抵の場合は現地で使える通貨を両替をする必要があります。例えばアメリカで使われるドルやヨーロッパ共通通貨のユーロは両替する際に手数料としては3%程度が必要です。と言う事は、100万円をドルに両替した場合は97万円になってしまうのです。

使われる事の少ないレアな通過だと10%を超える事も決して珍しくはありません。ところが、クレジットカードで払った場合は話が変わってきます。例として、クレジットカードの事務手数料が1%程度なので手数料の両替した場合より遥かに安価になるのです。だとすると手数料は両替するよりもぜんぜん安くなるんです。しかも、ここで心配される金利も実はかかってはこないのです。

金利が発生するのは分割払いにした時のみ、つまり、一括で支払っている限りは金利が一切発生しなくなるのです。このように海外で使う場合はクレジットカードで支払う事が最も得をしているのです。このようにこれまでの環境と同じ状態にあると見えなくなってしまっている事が多いのですが、実はこのような事例が他にもたくさんいるのです。見落としてしまっている他の得する情報もうまく組み合わせると更に効果の高いものとなっていでしょう。